「らくスマ」の電源ボタンと音量ボタンの確認と操作方法を覚えよう 

こんにちは。senseiです。

「らくらくスマートフォン」の基本となる電源ボタン。

今回は、夜間は電源を切るのか切らないのかなど、様々な疑問と共に、電源ボタンの操作でできることなどをお伝えします。

「らくらくスマートフォン」の電源ボタンの場所と電源の入れ方、切り方

「らくらくスマートフォン」の「電源ボタン」は、本体左側面にあります。

上から3つ目が「電源ボタン」です。

裏から見ると「電源/マナー」と書かれています。

電源の切り方は、電源ボタンを2秒以上押し続けます。

するといくつかのメニューが出てきます。

メニューが出てきましたら、電源ボタンから指を離してください。

そしてメニューの中にある「電源を切る」の文字の上をタップします。

その後「OK」をタップすれば電源が切れます。

電源を入れる時は「電源ボタン」を2秒以上押し続けてください。

すると「docomo」の文字が画面に表示されますので、「電源ボタン」から指を離してお待ちいただくと、電源が入ります。

外出先では、場所によってマナーモードではなく、電源を切る場合もありますので、覚えておいてくださいね。

そもそも「らくらくスマートフォン」の電源は入れっぱなしでいいの?

「らくらくスマートフォン」の電源は、常に入れっぱなしで大丈夫です。

むしろ災害時などに、きちんとメールなどの連絡が届くよう、入れっぱなしにしておいていてください。

もちろん夜間も同じです。

電源は切らずスリープモードの状態で、充電ケーブルだけ繋いで、お休みいただいて大丈夫です。

朝になり、電池の充電が終了しましたら、充電ケーブルを外してお使いください。

ただし、「らくらくスマートフォン」はパソコン並みの機能を兼ね備えているので、長く働いていますと、疲れてしまい誤作動を起こすこともまれにあります。

ですので、月に1度くらい「再起動」をしてください。

誤作動といいましても、壊れてしまうわけではありません。

私たち人間が働き過ぎて疲れてしまった時、いったん休憩すると、元の元気な状態に戻れるのと同じように、コンピューターもいったん休憩させると元気になってくれます。

「再起動」はその休憩の役割をしてくれています。

「らくらくスマートフォン」の「再起動」のタイミングと操作方法

では、「らくらくスマートフォン」の再起動の方法をお伝えします。

まずはホーム画面を表示していただき、その状態で電源ボタンを2秒以上押してください。

するとメニューが表示されます。

メニューが表示されましたら、電源ボタンを押している指は離してください。

メニューの中の「再起動」の文字の上をタップしてください。

さらに「OK」の文字の上をタップしてください。

すると「シャットダウン中・・・」というメニューが出た後、いったん電源が切れ、その後自動で電源が入り、ロック画面となります。

この間は画面に触れず、しばらく待っていてくださいね。

この再起動を行うことで、「らくらくスマートフォン」内のコンピューターがリフレッシュされ、スムーズに操作できるようになります。

大体でいいですので、月に1度「再起動」していただくと、より快適に「らくらくスマートフォン」ライフを楽しんでいただけます。

まとめ

パソコン並みの機能を兼ね備えた「らくらくスマートフォン」は、使用頻度や使用しているデータ容量によって、疲れ具合も変わってきます。

月に1度程度「再起動」をしていても、動きが遅くなったり、反応が鈍くなる場合もあります。

以前より動きが遅い、反応が悪くなった、などと感じたときにも「再起動」していただくと、それだけで操作がスムーズになることが多いです。

繊細な機械ですが、すぐに壊れるものではありませんので、安心してお使いくださいね。

ではまた。