らくらくスマートフォンのスリープモードの設定をしてみよう 

こんにちは。senseiです。

しばらく操作をせずに置いておくと、「らくらくスマートフォン」の画面が勝手に暗くなっていませんか?

それが「スリープモード」という機能です。

今回は「スリープモード」の特徴と設定方法をお伝えします。

F-01Lらくらくスマートフォンmeをしばらく置いておくと画面が勝手に暗くなるスリープモードとは

何も操作をせずにいると、勝手に画面が暗くなる機能を「スリープモード」といいます。

そして、その「スリープモード」が備わっている理由は、大きく2つあります。

1つ目の理由は、「らくらくスマートフォン」は、画面を明るくしているだけでも電池を消費しています。

その電池の消費量を節約するために、操作をしないまま一定時間が過ぎると、画面が暗くなるように作られています。

二つ目の理由は、画面がついたままの状態ですと、誤って触ってしまった場合に、誤作動を起こす原因にもなります。

そんな誤作動を防ぐための機能でもあります。

例えば、バッグに入れて持ち歩く場合、誤作動を防ぐ為に、毎回電源を切っていたのでは手間がかかりますし、電話などを受信することもできません。

ですが、ガラケーのように折りたたんで、画面を保護することができません。

そんな時に、電源を切らずに誤作動を防ぐことができる機能が「スリープモード」です。

F-01Lらくらくスマートフォンmeのスリープモードを解除して画面を表示する方法

「スリープモード」を解除して画面を明るくする方法は2つあります。

1つ目は、電源ボタンを軽く1度だけ押します。

長く押すのではなく、1度だけカチッと短く押し、すぐに指を話してください。

すると画面が明るくなります。

2つ目は、ホームボタンを押す方法です。

本体正面の画面下にある、家のマークのボタンがホームボタンです。

このホームボタンを押していただいても、「スリープモード」を解除することができます。

F-01Lらくらくスマートフォンmeのスリープモードの消灯時間を変更する方法

一定時間操作をしないでいると「スリープモード」になりますが、「らくらくスマートフォン」は、画面が暗くなるまでの時間を変更することができます。

まずはホーム画面の「本体設定」をタップします。

次の画面で、画面を下から上にスワイプしてください。

そうしましたら「画面・ランプの設定」メニューの文字の上をタップしてください。

次の画面も、画面を下から上にスワイプしてください。

そうしましたら「消灯までの時間」メニューの文字の上をタップしてください。

すると時間を設定する画面になります。

この中からお好みの時間をひとつ選び、選んだ時間の右にある、丸いチェックボタンをタップします。

最後に「OK」をタップして設定は終了です。

最初は2分、もしくは5分くらいでいいと思います。

使いこなせるようになり、「らくらくスマートフォン」で動画を見たり、インターネットなどをするようになりましたら、10分くらいまで長くした方が使いやすくなるかもしれません。

設定は何度でも変更することができますので、いろいろ試して、ご自分の使いやすい時間を見つけてくださいね。

F-01Lらくらくスマートフォンmeを手動でスリープモードにする方法

あらかじめ設定された時間で「スリープモード」になりますが、手動でも「スリープモード」にできます。

手動での操作方法は、電源ボタンを軽く1度だけ押します。

長く押すのではなく、1度だけカチッと短く押し、すぐに指を話します。

すると画面が暗くなり「スリープモード」になります。

ポケットやバッグに入れて移動する際に、画面がまだ明るい場合は、手動で「スリープモード」にしてからバッグなどに入れていただくと、誤作動を防げます。

また、電源が切れているわけではありませんので、電話がかかってきたり、メールが来た場合は、きちんと受診してくれますので安心してくださいね。

F-01Lらくらくスマートフォンmeのスリープモードを解除して画面が暗くならないようにできる?

「らくらくスマートフォン」では、「スリープモード」を設定せずに、画面を表示させたままにすることはできません。

最大で30分まで「スリープモード」になる時間を延長することはできますが、オフにはできません。

「スリープモード」を解除できないという事は、いざ手動で「スリープモード」にすることを忘れてしまっても、「らくらくスマートフォン」自らが、必ず画面を暗くしてくれるという事です。

それだけ安心して使える機種だということですね。

まとめ

今回は「スリープモード」の設定方法をお伝えしました。

大切な機能ですので、覚えておいてくださいね。

ではまた。